19年の時を超えて『チーズはどこへ消えた?』の続編!

迷路の外には何がある?

『チーズはどこへ消えた?』覚えてますか?

ぼくは、20世紀最後の年に発売された『チーズはどこへ消えた?』をワクワクしながら読んだ世代です。
同じく2000年に発売された『金持ち父さん貧乏父さん』も有名ですが、当時は内容にほとんどついていけず、読みづらく感じていたので、読みやすい『チーズはどこへ消えた?』の方が好きでした。

『読んだことは覚えてるけど、内容の細かなところまでは覚えていないなぁ…』

ぼくも、そうです。
少し、おさらいしましょう。

登場するのは、スニッフとスカリーの2匹のネズミと、ヘムとホーの2人の小人。
迷路の中の部屋でチーズを食べて、楽しく暮らしていました。
そんなある日、突然、チーズがなくなってしまう!
さっそく新しいチーズを探しに旅立つ、スニッフとスカリー。
その後を追って、チーズを探しに行くホー。
しかし、ヘムは部屋から動かず、チーズがなくなったことに、腹をたててました。

うっすら思い出してきましたか?
ぼくの記憶力はポンコツのようで、小人が出てきたことも、覚えてませんでした。

『迷路の外には何がある?』は変化するキッカケをくれる

さてさて、そんな『チーズはどこへ消えた?』の続編の『迷路の外には何がある?』では、まったく部屋から動こうとしなかった小人の『ヘム』が主人公です。

意固地になって部屋でじっとしていた『ヘム』。
前作では語られなかった、『ヘム』のその後が、今の時代にマッチしていて、ひと言ひと言に耳が痛く、チクりと胸に刺さります。

置かれた現状を把握して、ネズミの後を追って旅に出た『ホー』に自分を重ねて、『これからスゴいヤツになってやる!』と夢見て、胸おどらせていた19年前。

ふと気がつくと、時代の速さが自分を追い抜き、近ごろはこれからやってくるまだ見ぬ大きな変化に、焦りだけが積み重なっていく今日このごろ。

『ホー』だったはずが、すっかり『ヘム』になってしまった今。

この『迷路の外には何がある?』はひとつの答えをくれます。

まだ『ヘム』の様に迷路に残っている人へのアンサー本です。

認めたくないけど、変化を怖れて、今のままでいる理由を探してるぼくには、ぴったりでした。

余談ですが

『迷路の外には何がある?』に出会ったのは、実はちょうど『チーズはどこへ消えた?』を読み直したいなぁと考えてた時でした。

『まさか続編?!このタイミングで?!』というのが本心でした。

読み始める時は、『読み終わってガッカリしないかな?』と、少し不安というか、良い思い出を汚したくないというか、そんな感じでしたが、読み終わった時の、全身の温度が上がったような、ドキドキした感覚は、19年前と同じで、『良い本に出会ったなぁ』という喜びが増しました。

19年前の自分に、胸を張れる人生にしていきたいですね。

最後に。

著者の『スペンサー・ジョンソン』さんは、2017年に亡くなられていたようです。
著者の紹介欄で知りましたが、『1分間マネージャー』もスペンサー・ジョンソンさんの作品だったんですね。
『チーズはどこへ消えた?』はもちろんですが、『1分間マネージャー』もスゴく刺激とヒントをもらった作品でした。
ご冥福をお祈りします。
感謝の意を込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です